FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年度 部員紹介 「第3回」主務・塩澤寅樹

 4月頭、諸手続きとテント列(*1)の日。
 新入生と上級生で溢れかえったイチョウ並木道で、もみくちゃにされながらなんとか洋弓部のブースにたどり着いた私は、展示用においてあった弓を一目みて、この部に入部することを決めました。
 
 はじめまして、東京大学運動会洋弓部44期(3年)の塩澤寅樹です。出身は神奈川県、出身校は神奈川県私立栄光学園高等学校、中高時代はバスケ部に所属していました。
 アーチェリーには元々興味があり、2004年アテネオリンピック(山本博さんが銀メダルを獲得しました)で初めてアーチェリーというものを見た時に、『なんだこのとてつもなくカッコイイスポーツは!?!?』と衝撃を受けたのは、今でも鮮明に覚えています。大学では何か新しいことをやってみたい(すごくベタな動機ですね笑)、アーチェリーに興味がある、そして何より弓がかっこいい(単純です笑)。こんな大したことのない動機で入部してもうすぐ3年になります。アーチェリーは奥深いスポーツですが、大学からはじめても十分に活躍することができます。運動会ならではの上下のつながりの強さもあります。自分が想像していた以上のものを、この部では経験できます。
 
 入部のキッカケは様々です。自分と同じように以前からアーチェリーに興味のあった人もいれば、入学するまでアーチェリーなんてものは全く知らなかったが新歓イベントで弓に触れてみてハマってしまった人、運動会に入りたかった人、部の雰囲気が気に入った人、タダ飯めあてで通っていてそのまま流れで入部することにした人。皆それぞれのきっかけでアーチェリーを始めていますが、今では誰一人欠けてはならない洋弓部の部員です。
 
 動機なんてものはなんだっていい、1人でも多くのアーチェリー仲間、東京大学運動会洋弓部の仲間ができれば幸いです。
  
(*1:諸手続きではクラス分けが発表されたり色々な書類ももらいます。そして、その後に待ち受けるテント列は最もお祭りに近い新歓イベントと言っても過言ではないでしょう。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京大学運動会アーチェリー部

Author:東京大学運動会アーチェリー部
東京大学運動会洋弓部の公式ブログです
試合結果、合宿や合同練習会の様子、部員の日常などを日々更新していきたいと思います

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。